7歳で矯正の定期検査をする | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

7歳で矯正の定期検査をする


 7歳か8歳の時に歯並びの検査をしておくことは大変有効なことである。
矯正における難しさは、犬歯など前歯の処置ではなく、大臼歯の処置なのである。特に下顎における大臼歯の処置は難しい。矯正には、歯体移動と、傾斜移動がある。できるならば歯体移動をするのが、臼歯部では大切である。ところがこれは、行えないと考えるべきだ。成人において、大臼歯の歯体移動は無理に近い。特に近心には寄せる方法がないと思ってよい。小臼歯の4本抜歯を行って、成人で咬合を完全に元のように咬ませるというのは、不可能に近い話なのである。小臼歯の4本抜歯を行った患者さんの模型をとって、真横から見ると、すごい咬合になっている。正面とか、斜めからでは見えてないだけのことだ。
これらのことを避けるために、7歳か8歳で定期検診を行い、第1大臼歯をクラス1の形にしておくことが大切と言えよう。この年齢の時なら、容易に正常咬合にする事が可能であるし、不正咬合の者に、PMTCが大事だといって、歯石除去やブラッシングをするのは予防でもなんでもない。対症療法をしているだけである。

先に、不正咬合を修正することが、何より大事である。
第1大臼歯を正常咬合にしておけば、後の本格矯正もやさしい。(DBAより)

 

  • 歯科矯正コラム一覧