DBAでは、シンプル化とスピード化を目指している | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

DBAでは、シンプル化とスピード化を目指している


最近の矯正はメーカーがいろいろのワイヤーやブラケットなどを出してくれるからありがたい。その目指す方法はシンプル化とスピード化である。シンプル化の中でストレートワイヤー法が考案された。ベンディングも不用だというのに、ほとんどの症例に対応できるのがストレートワイヤー法である。また、スピード化が次の課題である。

これも、DBAが、米国の最新の歯科矯正学を基に開発したスーパーモダン矯正学では、ほぼ完成したと思っている。12歳までなら95%のものは動的期間は6ヶ月位だと言える。どんな症例にも対応できるのはシンプル化が大きい。またスピード化は歯を原則として抜かないことだ。

乳歯だから抜いてよいのではなく、乳歯だからこそ抜いてはいけないのである。抜歯そのこと自体が、歯科本来の治療目的に反している。したがって健康な歯を抜くという行為は治療ではない。逆に犯罪に近い話だ。歯という健康の基本となるものを抜歯して予防だ、育成だというのは詐欺以外の何物でもなかろう。また、抜歯するから複雑になるのである。シンプル化の逆である。抜歯するから治すスピードが遅くなるのである。歯は抜かないのが当然のことなのであって、健康な歯を抜くなら、その人は歯抜き人であって、他人の口腔の破壊者以外の何であろう。少なくとも歯医者としては2流か3流以下ということになりはしないだろうか。(DBAより)

 

  • 歯科矯正コラム一覧