〠著作権関連300105 | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

〠著作権関連300105


『2014年04月01日

公道、公園、公海、公知・・・それこそ私(武田邦彦先生)の学問のプライド

公道は誰かが土地を提供し、誰かが苦労して整地し、舗装しただろう。

でもいったん「公道」として使われれば、誰がいつ、

無断で使ってもとがめられない。

それはその国の国民の共通の財産だからだ。

公園、公海・・・人類には「所有権」があり「制限」があるものと、

人類共通の財産」がある。かつての入会権(いりあいけん)も同じだ。

そして、人間の頭脳が生み出した知的なもの・・・

学問、芸術、スポーツもまた人類共通の財産であり、

だれでもが自由に使える(公知という用語が使用される)。

まさに公の道、公の知である。

「シライ」という体操の飛び方がある。それは若き白井選手が編み出し、

披露したものだ。でも翌日、他の人がシライを演じても良い。

スポーツは人類に共通の財産だからである。

私はなぜ学問を職業として選んだかというと、

この世は「所有」がすべてだが、

その世で「所有の無い世界」で私は人生を送ろうとした。

だから、私の成果は誰が使っていただいても良いので、

著作権を主張していないし、大学で研究するようになってから、

多くの特許を企業が出したが、私自身は出していない

(私の発明を企業などが特許にしただけ)。

この世には、「人類共通の財産」がなければ成立しないし、

それが多ければ多いほど平和に近づくと私は思ってきた。

平和主義の人はぜひ、私の活動を支持して欲しい。

今、STAP論文のことで、学問は危機に瀕している。

学問がお金、利権、名誉などにまみれたら人類は損失をする。

2つの例外だけ(著作権と工業所有権)を認めて、あとはオープンなのだ。

著作権

「思想、感情に基づき」、「創造であり」、

「表現されたもの」の3条件が必要だ。

だから、文学作品などは感情に基づいているが、

自然科学(物理や生物学など)以外でも、

思想、感情ではないものは多いのではないかと思う。

学問が世の利権にまみれ、

コピペしていけない、

引用元を示さなければならない

(道路を歩く時に誰かに断らなければいけない)

というのは

学問の冒涜(ぼうとく)でもあり、

また法律違反ですらある

(平成26年4月1日)・・武田邦彦先生のブログより』