・中心は顔に合わすもの・ | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

・中心は顔に合わすもの・


中切歯と側切歯の中心とで合わせてよしとするものではない。

上顎と下顎の中切歯の中心を合わせるのが大切ではない。

顔の美しさというものは顔から考えてゆかなければならない。

顔の中心は鼻であり、その下にある人中という溝である。

正に人の中心だから人中という。

この人中の溝と上顎中切歯の中心を合わせるべきなのである。

 

この写真は上顎と下顎の中心は合っているのであるが、歯列弓がひずんでいる。

歯も右に大きく曲がっている。

顔の中心と合っていない歯は、口がねじれた感じがして、あまり好ましくない。

この写真と違うものとして、ダイアナがある。

ダイアナは上顎と下顎の中心は合っていないけれども、

物の見事に上顎と顔の中心との一致がみられる。

しかし、上顎と下顎の正中はそのままである。(次回にお見せする

顔の中心と上顎の中心が合っていれば、もうメジャーでのプレーは定着してきた。

中心は顔の中心と歯の中心とを合わせるという、美の主観を忘れないことだ。

ところで上のの写真は誰か分かったであろうか。

有名なタレントの口元である。

しかも矯正治療を受けたと本人が語っている。

矯正治療を受けて、正常咬合になったとされるこの一枚の写真においても、

おかしいところをいくつか指摘できる。

上顎と下顎の中切歯の中心線は一致しているけれども

顔の正中線と一致していないために口元がゆがんで見えることだ。

スマイルラインが正しくないためにどうみても、

口元だけを見ると美しい口元とは言いがたい。

上顎の歯列弓と下顎の歯列弓のアーチもおかしい。

このため、唇の厚さが左右対称に見えない。

個性のあるタレントだからこれでも有名になっているが、

魅力的ということには程遠い口元になっているといえよう。

(DBAより)

 

  • 歯科矯正コラム一覧