△セファロ読本△プロローグ△1950年代ツィード法全盛 | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

△セファロ読本△プロローグ△1950年代ツィード法全盛


△セファロ読本△プロローグ△歯科矯正学の歴史

1950年代ツィード法全盛

1950年代はツィードテクニックの全盛時代であった。

セファロ分析に始まって、ツィードの理論による

小臼歯の4本抜歯の矯正の全盛に入ってゆくのである。

小臼歯4本を抜歯するテクニックは複雑きわまったので

あるが、大盛況であった。

ツィードの三角という

有名なセファロ分析による抜歯基準

ツィードのフィロソフィは多くの支持を得て、

セファロのない矯正なんてという感があり、

ツィードテクニックは世界に広まっていったのである。

(DBAより)

  • 歯科矯正コラム一覧