△セファロ分析△★エピローグ★なぜセファロが不要になったか | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

△セファロ分析△★エピローグ★なぜセファロが不要になったか


△セファロ分析△★エピローグ★なぜセファロが不要になったか

何故アメリカにおいてセファロ不要論とか

有害論まででるようになったかというと、

セファロ自身に科学性がないからである。

楕円形の歯列弓を2次元的な投影することによって、

距離というものに全く科学性を欠くことになったのである。

そのためセファロは角度を主にすることになり、

距離における分析は適当でないということが分かるだろう。

ところがツイード法などは距離を抜歯基準とすることになった。

しかも、骨格と軟組織である顔の表面とは個人によって

それぞれ異なるのであるが、

一定のルールのもと強引に押し込んでしまおうとしたのである。

このようにすれば、ますます科学的ではなくなってしまう。

つまり有害の場合だって存在するということになってしまう。

こういうセファロ自身に科学的な根拠のない反省の中で、

ストレートワイヤー法の出現である。

ストレートワイヤー法は一種類のブラケットで

全ての症例に対応しようとするものである。

そう生から上顎前突、下顎前突、開咬と全てのケースに

対応しようとするのである。

ブラケットにトルクやアンギュレーション、インアウトを組み込んでいるが、

それは一種類しかない。

そう生用とか上前突用とか下顎前突用というように

ブラケットの区別があるわけではない。

しかも、ブラケットをつける位置は

一定の場所につけると決められている。

一定の場所も全ての症例で同じなのである。

これではセファロの必要性も、分析も何も必要ないことになる。

このようなストレートワイヤー法の出現と普及は

セファロを必要しなくなった

もう一つの大きな原因ではある。

1948年のダウンズ法の発表より以前は

当然のことながらセファロ分析など行われていなかった。

つまりこれに関心を示しだしたのは1950年に入ってからのことである。

それより以前のものにはセファロは必要としていなかったのと、

ベッグ法においても必要としていなかった。

ヨーロッパ型の機能的矯正においても必要としていないのである。

このような背景であるが、

ツイード法が最初のセファロなしの中から

セファロの必要性を言い出したのである。

その一つの理由がツイードのはじめていた

小臼歯4本抜歯という矯正テクニックに

理論的な根拠らしきものを与えようとしたということになる。

ツイードの三角という概念のもとに、

前歯部の下顎中切歯軸とフランクフルト平面のなす角度が

65度のものがベストの顔になるとする説である。

このことによって、前歯のより整直を必要とするとされ、

この理想的な横顔の現実には

小臼歯の4本抜歯は当然の行為だとしたことである。

ベッグ法も小臼歯を4本抜歯していたけれども、

ベッグ法はオーストラリアの原住民の咬合から

自然に抜歯でできた空隙は封鎖するものであった。

しかし、ツイードはベンディングによるのと

顎間ゴムによる力で封鎖するとしたのである。

このため、ツイードテクニックは難解を極めたのであるが、

1950年代後半ごろとしては非常に科学的な手法に見えたのである。

現実には実現できない

ツイードのフィロソフィーをできると信じられている。

これはアングルの抜歯しなくても理想咬合が得られる

という概念に対する裏返しである。

とくに日本においては現在でも

セファロなくしての矯正なんてという風潮は変わっていないのである。

それはアメリカの矯正医の90%以上がストレートワイヤー法によっていると現状に比較し、

日本では大学を中心として、開業矯正医の間においても

ベンディングをするツイードフィロソフィが信じられているからである。

しかし、世界の潮流は、セファロを必要としないということである。

セファロはあくまで脇役であり、主役の役目は終わりをつげているのである。

(DBAより)

DBAのまえがき(DBA主幹 阿部和弘先生の言葉)より

「このセファロ読本は一般開業医のためのものです。私は一般開業医こそ矯正に適した歯科医師であると考えています。全ての一般歯科開業医に矯正治療ができるようになっていただきたいと考えています。矯正治療を始めるにあたって、矯正にはセファロがどうしても必要なのだという考え方が蔓延している現状の中で、はたしてそうなのだろうかということです。分かりやすいセファロの本をと思っているのは、そのことをくつがえす必要があるからです。この「セファロ読本」は一般歯科開業医のための入門書として書き上げたつもりですが、完成してみると、これ以上詳しい内容の本は、現在ないことが分かりました。代表的なセファロの方法を全て載せてあるということも画期的なことです。このようにして、セファロ読本が出来上がり、再び読み返してみても、やはりセファロの重要性は感じることができません。

セファロは脇役であり、パノラマ以下の評価しかできないのです。

一般歯科開業医の人が矯正をするのにセファロがぜひとも必要とはとても思えません。

しかし、何故必要ないのかを知るためにも逆説的な言い方ですが、セファロのことを知っておくことも良いでしょう。無知と英知では英知が勝っています。知らないより、知っておくのがよいのです。使うか使わないかということは知っておいて初めて判断ができます。そういうことをまず理解していただきたいと思います。一般歯科開業医が矯正をするとき、ぜひとも必要なことは診断を正しくできるということです。診断の正しいことこそ大切なことです。

治療テクニックになりますが、顔の中心が美人の中心だということです。したがって、顔の中心と上顎の歯の中心との一致が必要なのです。上顎の正中線と下顎の正中線を合わせても、顔の中心に合っていないと、顔はゆがんでしまいます。 第一大臼歯をクラス1にすることも必要です。

特に10歳までの子供の時に、必ずクラス1の咬合の形にすることです。そして、料金を明確にすることです。信頼こそ大切なことなのです。

上顎と下顎の正中線を無理矢理に合わせることは、どうでもよい事です。このことは顔の中心に合わせることが大切で、上下顎の正中の一致はできればということぐらいのことで絶対という考えに立たないことです。

してはいけないことは小臼歯を4本抜歯することや、側方拡大による方法です。これはルンドストロームの1925年発表の歯槽基底論で解決済みのことです。それに逆行するテクニックではうまく行かないでしょう。ブローディのバクシネーターの理論も同じ様なことを証明しています。

ヘッドギヤーを使用してはいけません。このような中で、成人矯正では小臼歯の4本抜歯は行ってはならないことなのです。このような正しい考えの中で一般歯科開業医が矯正を行えば審美だけでなく機能的にも必ず社会に奉仕し、貢献できることになります。一般歯科開業医こそ、矯正に適した人であると、大いなる自信を持っていただきた

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧