抜歯矯正の治療後の安定性?DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

抜歯矯正の治療後の安定性?DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より


抜歯矯正の治療後の安定性?

ツィードの思想によれば、抜歯をすれば治療後のリラップス(後戻り)がなく、安定するとしている。しかし、絶対的な安定性というものはなく架空の話であるツィードは下顎下縁平面に対し、下顎前歯の歯軸を90度にする。これを強制的にするために4本抜歯をするということを平気でした。これで安定できるとしたからだ。下顎犬歯間距離を増加させず、歯列弓の形を同じにする。術前と術後の模型を並べるだけ。これに対し、1981年ワシントン大学のリトル教授が、ツィードの原則の通りした。小臼歯4本抜歯を行い、適正に仕上げた65症例についての本を出した。保定後10年のとき70%は後戻りをしていたのである。後戻りは,はっきりとしたわけである。

DBAより)DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より

 

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧