アングルの矯正装置の基準「DBA間違いだらけの床矯正 」より。 | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

アングルの矯正装置の基準「DBA間違いだらけの床矯正 」より。


アングルの矯正装置の基準:あの高名なアングルが1887年にワシントンで開催された第9回国際医学会で矯正装置の基準の講演を行っている。それは5つある。1.清潔さ  2.保定装置としてできること  3.口蓋にふれないことしたがって、口蓋床は使用しないこと   4.安定性   5.できるだけ小さいものこの5つの基準をアングルが32歳の時に発表している。そして、それを実践し、目標としてきたのである。正に正しい考え方である。この5つのことだけでなく、矯正が医学としても成熟していなかった頃に、こういう考え方で矯正装置を開発していったことは驚くに値する。ところが、床装置による矯正方法はこの原則に当てはまらないことが多く、あまりにも問題ある方法である。DBA間違いだらけの床矯正 」より。

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧