2次元的矯正法と3次元的矯正法「DBA間違いだらけの床矯正 」より | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

2次元的矯正法と3次元的矯正法「DBA間違いだらけの床矯正 」より


2次元的矯正法と3次元的矯正法:矯正の方法もいろいろとある事はご存知の通りだ。その中で2次元的な矯正法と3次元的な矯正法とがある。どちらが優れた矯正法かといえば、3次元的な矯正法の方が優れているのは当然のことである。2次元的とは平面ということであり、水平的な力しか使うことができない矯正法である。その代表が床矯正の方法である。エキスパンジョンスクリュー付きの床矯正装置といっても、エキスパンジョンスクリューで横に押す力だけなのである。顎を拡げるとか何とか言って、スクリューを開いてゆくわけだ。つまり、横に押しているだけのことで、2次元的な力でしかない。この方法で治すといっても限界があり過ぎる。顎が拡がったのではなく、傾斜移動で傾いただけのことである。傾斜移動は歯根部の3分の1のところで回転し斜めに傾いているだけである。これは85%以上の確率で後戻りしてしまう。全くといっていいほど動いていないケースや、完全に脱線状態よろしく、はずれて咬合をしなくなったものもある。こうなると、こんなことをする床矯正では全く治せないということになる。3次元的な矯正法はブラケットを用いてワイヤー等で治してゆく方法である。これは歯体移動であり、上下左右と立体的に動かすことが可能なのである。これこそ、本当の本物の矯正であって、床装置による方法はインチキというか、時代遅れの矯正テクニックである。必ず3次元的コントロールのできるブラケットとワイヤーの矯正法を選ぶことである。「DBA間違いだらけの床矯正 」より(きたざわ歯科(かみあわせ研究所)では当然「ブラケットとワイヤーの矯正法」を中心に据えている)

 

「DBA間違いだらけの床矯正 」より

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧