現代美人の顔(DBA「間違いだらけの床矯正」より) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

現代美人の顔(DBA「間違いだらけの床矯正」より)


現代美人の顔(DBA「間違いだらけの床矯正」より):現代美人の顔はラテン系を美人としている。正面の笑った顔であり、上顎の歯が奥まで白く続いている。スマイルラインとして下唇が歯ならびにキレイにそっていて、アゴが発達している。頬もふっくらと膨らんでいる。こういう顔が現代美人なのである。笑顔のよさは、表情筋の知識も必要である。レオナルド・ダ・ビンチをはじめ、一流の画家は解剖学を勉強している。それだからこそ、モナ・リザを描くことができたのである。歯科においても審美というのあれば、表情筋の勉強は十分にして、頭に叩き込んでおかなくてはなるまいと思う。表情筋は立体的についているから、理解もなかなか難しいけれども、それを理解するのがプロであろう。良い笑顔は好感度の一番である。眼輪筋と口輪筋が主役であり、笑顔はそれらにくっついている筋の働きである。口角挙筋や大骨筋、小頬骨筋が作用している。上唇挙筋は口輪筋と眼輪筋の両方に作用している。こうしてみると人の笑顔を見るのも別の面から楽しい。

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

  • 歯科矯正コラム一覧