乳歯冠はしない事(DBA「間違いだらけの床矯正」より) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

乳歯冠はしない事(DBA「間違いだらけの床矯正」より)


乳歯冠はするな(DBA「間違いだらけの床矯正」より):乳歯の歯根部には永久歯がいる。この永久歯は未完成の歯で、歯胚(しはい)といわれている。海綿骨(かいめんこつ)の中に空隙ができ、歯冠が先行し、その歯胚の中で歯髄になるものをつくってゆくのである。このとき、いい加減な乳歯冠を入れると咬合性外傷として、上から永久歯胚に圧が加わる。このことを感じると永久歯胚が動いてしまう。乳歯冠における歯根吸収がまともにされることは少なく、ほとんど異常吸収である。これは支台形成がなされていないからである。こういういい加減なことはしてはならない。成人における冠は鋳造冠であり、咬合調整をして合わせる。そして、既製冠はバケツ冠といって、下げすむのである。永久歯以上にナイーブな乳歯に対して、こういういい加減では困るのである。「乳歯冠はするなということを、いつもいつも私は口をすっぱくして語っているのである。」(DBA主幹阿部先生談)

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

  • 歯科矯正コラム一覧