過剰診療はしない.「ヨンヨン」抜歯はしない。 | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

過剰診療はしない.「ヨンヨン」抜歯はしない。


下記の記述は正に、きたざわ歯科(かみあわせ研究所)の「診療哲学」「診療方針」であり、

患者様には、分かりやすく説明するように心がけているので、ご安心ください。

過剰診療はするな:後戻りできない矯正に関する治療とは、抜歯である。特に「ヨンヨン抜歯」、小臼歯4本抜歯はしてはいけない。初診のとき、ディスクレパンシーがあるからと抜歯宣言することはとても危険だ。まして、抜歯をしてから矯正に着手などしてはいけない。抜歯をしないでスタートすることである。そして途中経過の中で最小限の抜歯をするのなら、それはトラブルになるまい。現在はレントゲンも撮らないで手術をしたとなると大騒ぎになる。抜歯は手術なのだから、慎重に慎重に行うことである。また、矯正専門医からの抜歯依頼に応じてはならない。抜歯を手がけた者の方が罪が重い。その点もGP開業医は知っておくことだ。

抜歯をするな:抜歯が必要だと矯正専門医が診断するのなら、そのように診断した人が抜歯をすればよいのだ。矯正専門医だなんていうのは、自称に過ぎず、「歯科医」のはずである。歯科医なら抜歯ぐらいできるはずだ。抜歯ができない歯科医なら、レベルの低い歯科医だ。そんな歯科医は咬合理論なんて分かってはいないと思う。分かっていると矯正専門医が言うのなら、総義歯を咬合理論にあわせて作ってみろと言いたい。総義歯の具合の良いものなど作れるはずがないのである。何もできませんというのが、専門と誤魔化している由縁である。「歯科」が既に専門であるわけで、その中で更に専門というのは少しおかしい。

DBA「間違いだらけの床矯正」より

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧