かみあわせ研究所 きたざわ歯科
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

「ウクライナ戦争」は、「・・・おそらく、中国が仲裁する形で、8月ごろに停戦するだろう・・・」


「ウクライナ戦争」は、「・・・おそらく、中国が仲裁する形で、8月ごろに停戦するだろう・・・」

[3526]
ウクライナ戦争の、目下の大(だい)激戦地であるバフムートの戦いの概要を書きます。
投稿者:副島隆彦投稿日:2023-03-10 10:21:39
副島隆彦です。 今日は、2023年3月10日(金)です。ウクライナ戦争での、東部ドネツク州の 要衝(ようしょう)で、要塞都市化して、ウクライナ軍の防御が堅かった、バフムートBakhmut の陥落が間近に迫っている。(map)下に載せる ブルーンバーグの 記事 「 バフムトは近く陥落の可能性も - ストルテンベルグNATO事務総長」( 昨日、3月9日) の 通りである。ただ、ウクライナ軍の降参、降伏、投降がまだない。ウクライナ軍の西方への退却・撤退も見られない。だからバフムートは、3月10日現在でも、まだ陥落していない。


副島隆彦です。 欧州のNATO軍を率いる ストルテンベルグは、他の将軍たちと同じく、対(たい)ロシアでの戦争の遂行の強硬派だ。彼は、統一教会(Moonie ムーニー)と同格の、ヨーロッパの反共右翼の結集軸である、WACL(ワックル。ワールド・アンタイ・コミュニスト・リーグ。世界反(はん)共産主義同盟 )の大幹部である。 これは、デープステイト deep state = Cabal カバール が世界の表面に出ている一角である。それでも、ストルテンベルグは、最初からの計画通り、NATO軍とロシア軍が、直接、ぶつかる(開戦する)ことは絶対に避ける。だから、ウクライナ人とウクライナ軍は、初めから、捨て駒だから、どれだけ、死んでも構わない、と考えている。自分たちが洗脳して、ロシアとの戦争に嗾(けしか)けた者たちだから。 だが、ウクライナ軍が、このドネツク州の要衝(ようしょう)で、大敗北を喫して戦力を消耗するのは避けたい。だから、早く、撤退して、ウクライナ軍を、ドネツク川の西側に撤退させて、戦力を温存したい、と考える。だから、ゼレンスキーに、「バフムートが陥落する前に、主力を後退させて、撤退せよ」と命じているのだが、どうもウクライナ軍がその言うことを聞かないようだ。バフムートから西方向への、撤退の為のウクライナ軍の、補給路であり、かつ撤退路は、あと一本しか残っていない。 南北の幅が5キロぐらいしかない。そこも既にロシア軍の砲撃も射程の範囲に入っている。ロシア軍によるバフムート包囲(シージ siege ) は、バフムート市内の東部(ワグネルが制圧した)だけでなく、西部も大きく封鎖されたらしい。バフムート市内の東部分 にあったはずの、巨大な要塞は、もう落ちたはずなのに、その地下にウクライナ軍の残存兵力が、岩塩の堅い岩盤の中に掘られた複雑な堅固なトンネルの中に、残っているのか、分からない。このままでは最低5千人の精鋭のウクライナ軍が、捕虜になるはずなのだ。だが、ウクライナ軍の総司令部が撤退命令を出しても、現場の司令官たちが、撤退しようとしない。死ぬ気で戦う(死守する)という覚悟のようだ。もうゼレンスキーと、彼を、大統領官邸の地下壕で、毎日、操(あやつ)っている英の国家情報部のMI6(エム・アイ・シックス)の責任者(ジェームズ・ボンドのような男)の言うことも聞かない、ということだろう。 英米の指導者たちは、「さっさとバフムートからウクライナ軍を撤退(リトリートretreat )させろ」と、2月の終わりから命令していた。いつ バフムートが陥落するか。バフムートの東(ここにウクライナ軍が 8年かけて作った強固な要塞が有る)は、3月6日の時点で、ワグネルに制圧、占領された。だが、その下の 塩鉱山にかなり深くまで、トンネルが掘ってあって、そこにまだウクライナ軍がいるようだ。地下トンネルが、西部にまで繋(つな)がっていて脱出出来るのかも。バフムートの真ん中を流れるバフムートカ川の西には、まだ、ロシア軍が出ていない。 ただし、ここももう、さらにその外側から、大きく市の西側も道路がロシア軍の砲撃の射程内にあって、ほぼ遮断されている。だからもう、ここまで来ると、退却、撤退 はできない。 西側指導層の判断でのゼレンスキーの撤退命令にも、ウクライナ軍の総司令部の命令にも、バフムートの司令官たちが応じなかったようだ。 だから撤退命令を出しても、最前線の現場のウクライナ兵たちが、動こうとしなかったようだ。 玉砕(ぎょくさい)する気なのか。すでに、ロシア軍の大攻勢が始まった1月末から2か月で、最低でも、どちらの軍隊も、1万人ずつの戦死者が出ている。負傷兵はその3倍だ。この他の死体の確認が取れない戦場での行方不明者たちは、ほとんど戦死者だ。あと1万人にぐらい残っているバフムートのウクライナ軍が、徹底抗戦する、と言っても、補給路も負傷兵の後方への搬送路も断たれたら、あとどれだけもつか、の問題だ。援軍が、北方から、ロシア軍を砲撃しながら、向かっている、というが、それはバフムートには到達していない。次に載せるのは、今や、ロシア国 全体の、戦争の英雄になりつつある、このワグネルの創立者の、プリゴジンの発言だ。彼のPMCの傭兵の部隊は、多大の死者を出している。彼は、最前線のバフムートの北の村に自ら来ていて(400メートル先にウクラナイナ軍がいて、砲撃の音がずっと聞こえる)、そこから兵士たちを鼓舞しながら発信している。偉いものだ。
副島隆彦です。 この他に、目下、ウクライナ戦争の天王山(てんのうざん)になっている、バフムート戦の記事を載せる。

私、副島隆彦の、この戦争の、停戦(シース・ファイア cease fire )の 予測については、次の機会に書きます。

おそらく、中国が仲裁する形で、8月ごろに停戦するだろう。』