かみあわせ研究所 きたざわ歯科
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

矯正歯科

現在の抜歯と非抜歯⑵  DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より ・・・こういうような多くの理由によって、抜歯はされなくなった。 非抜歯矯正が主流となったのである。 その他美容の話だけでなく、 機能的にも…続きはコチラ

現在の抜歯と非抜歯⑴ DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より アメリカでは、1980年ごろまでは抜歯が主流であった。 ツィードが抜歯症例を示し、アングルの非抜歯を非難し、 ひどい高位の八重歯であるそう生…続きはコチラ

1912年以後のアングル  DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より 1911年の抜歯、非抜歯の論争はケースと アングル一派のデューイの論争であって、 アングルが直接行ったものではない。 アングルスクール…続きはコチラ

1911年以前のアングルとケース-3  DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より 抜歯をすること自体が大変な時代であったから、 できるだけ抜歯をしないことと、治療効果そのものも、 ケースやファーラーの方法…続きはコチラ

1911年以前のアングルとケース-2    DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より 「近代矯正の父」をいわれるキングスレーの最初の出版物は 1871年に発行された。 そのタイトルは「口腔の奇形」であるが…続きはコチラ

1911年以前のアングルとケース-1    DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より 現在の矯正を語るとき、アングルを抜きにしては語ることはできない。 アングルを過小評価し、ツイードを過大評価しているのが…続きはコチラ

麻酔の歴史⑵  DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より ドイツのリービッヒによって、アルカイドの化学式も確定された。皮下注射器はフランスのプラバツによって発明され、薬物を直接打つことができるようになって…続きはコチラ

麻酔の歴史⑴ -2   DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より       

麻酔の歴史⑴  DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より 歯科と麻酔は関係が深い。それというのも、歯科において麻酔効果のあるものが使われたということである。歯はムシ歯のなっても、ぺリオの重症になっても都合…続きはコチラ

抜歯と非抜歯の歴史 DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より (一般臨床歯科医GP向けの文章ですのでご留意、ご注意ください。) 1911年の アングルとケースの抜歯、非抜歯論争という形で、今でも語り草にな…続きはコチラ