2次元的な矯正力(DBA「間違いだらけの床矯正」より) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

2次元的な矯正力(DBA「間違いだらけの床矯正」より)


2次元的な矯正力(DBA「間違いだらけの床矯正」より):床矯正の一番の欠点は、2次元的な力だけで矯正しようとするところにある。口腔は立体的な空間である。つまり3次元的な物質であり、世界である。ところが床矯正の方は押すだけのことしかできない。平面状は動かすことができても3次元的な力は出せない。このことが、全ての問題点として表れてくる。確実性もなければいつ完了できるかも分からない。一つずつのコントロールはできない。こういうことであるから、ブラケットとワイヤーを主とするエッジワイズ法などと比べるととても見劣りがする。そのため、歯列矯正といわず機能的顎矯正などといっている。顎が矯正などでできるはずもないのにである。言葉をその場の逃げで使うから、より混乱してしまう。

 

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

  • 歯科矯正コラム一覧