医療訴訟関連シリーズ#2医療訴訟の時代になる | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

医療訴訟関連シリーズ#2医療訴訟の時代になる


医療訴訟関連シリーズ#2  歯科医にとっても患者さんにとっても嫌な問題を論じることになる。これはある意味避けて通れない問題ではある。DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より(歯科医師向けの文章であることは肝に銘じてお読みいただければ幸いである。):医療訴訟の時代になる:これからの日本は医療訴訟の時代に入るであろう。2010年から司法試験の合格者が大幅に増加されるからだ。今から10ほど前までは司法試験の合格者は年間500人ほどであった。これが3000人になるのである。これはどこかで見たことのある数字で、歯科界そのものの数字だ。歯科医師国家試験の合格者は1965年ごろは600人ほどであった。それが3000人になり、現在の歯科での患者の奪い合いの姿になっている。これから、弁護士も増加し、民間における訴訟を煽ることになるだろう。歯科では患者がいなければ食っていけないのと同じで、弁護士も訴訟がなくては食っていけない。先進国アメリカでの医療訴訟の実態は参考にするだろう。歯科側もその研究が必要になってくる。 DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より(歯科医師向けの文章であることは肝に銘じてお読みいただければ幸いである。)

 

  • 歯科矯正コラム一覧