症例から学ぶ DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

症例から学ぶ DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より


症例から学ぶ:ここに示す症例は矯正専門で認定医のところでした実例である。この事実を見るならば、認定医とは何だということになるだろうし、矯正専門と言う割にはレベルが低いことが分かるであろう。この程度のそう生なら非抜歯で簡単に治すことができる。学校検診のときにも思うことだが、矯正専門とは治療内容が高いということではないなと、いつも思うのである。何故こんなことをするのだろうと、「診断」そのものに疑問を感じるのである。症例:ここに実例として、矯正専門医で治療していたものを示そうと思う。R.Kさんは親の転勤で、川崎市から岡山に来られた。川崎市のT歯科で小学5年の時から2年間、矯正治療を受けたという。転勤してきた時が中学1年の13歳である。その時の口元と歯列の状態である。上下の第1大臼歯にバンドをまいていた。そして、上顎はナンスのホールディングのついたパラタルバーをはめていた。下顎も写真のとおりである。上顎についているナンスのホールディングをなめるように言われていたのか、舌をそこにやる癖がついていた。4本抜歯を行うまでということで、この状態で2年が経過していた。全く改善もしないどころか、悪化していたのではないかと思われる。岡山に転勤になり、非抜歯矯正をということで私のところで治療を開始した。舌側にある装置は両方ともすぐに外した。全く意味のないことを行っているのが、矯正専門医である。矯正専門医というのが立派なことなのであろうか。また、この程度のケースで小臼歯4本抜歯をすると言ったという。歯を抜けば一生を通じて考えた時、とても大変なことになる。転勤し、私のところに来たのは幸運だったと思う。大切な歯を1本も失うことなく、綺麗な歯ならびを手に入れることができた。でも、もう少し国民のことを考えての診察をし、勉強に励むべきではないのか。DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より(DBAでの具体例は次回に)

 

DBA「間違いだらけの抜歯矯正」より

 

 

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧