シンプル化とスピード化・さっと治してすっきりと(DBA「間違いだらけの床矯正」より) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

シンプル化とスピード化・さっと治してすっきりと(DBA「間違いだらけの床矯正」より)


シンプル化とスピード化:「最近の矯正はメーカーがいろいろのワイヤーやブラケットなどを出してくれるからありがたい。その目指す方法はシンプル化とスピード化である。シンプル化の中でストレートワイヤー法が考案された。ベンディングも不用だというのに、ほとんどの症例に対応できるのがストレートワイヤー法である。また、スピード化が次の課題である。これも、私はほぼ完成したと思っている。12歳までなら95%のものは6ヶ月で治せる(あと戻り防止には保定が必要で、それには時間がかかる)と言える。どんな症例にも対応できるのはシンプル化が大きい。またスピード化は歯を原則として抜かないことだ。乳歯だから抜いてよいのではなく、乳歯だからこそ抜いてはいけないのである。抜歯そのこと自体が、歯科本来の治療目的に反している。したがって健康な歯を抜くという行為は治療ではない。逆に犯罪に近い話だ。歯という健康の基本となるものを抜歯して予防だ、育成だというのは詐欺以外の何物でもなかろう。また、抜歯するから複雑になるのである。シンプル化の逆である。抜歯するから治すスピードが遅くなるのである。歯は抜かないのが当然のことなのであって、健康な歯を抜くなら、その人は歯抜き人であって、他人の口腔の破壊者以外の何であろう。少なくとも歯医者としては2流か3流以下ということになりはしないだろうか。」(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 さっと治して、すっきりと:「歯ならびを治すことは難しいことではない時代に入っている。歯を動かすことより、リラップス(あと戻り)しないということがより難しい。その原因を知るためには、解剖とか病理とか発生とか生理とか組織とか医学の基本的な知識が要るのである。そして、多くの臨床経験である。机上の空論としてシミュレーションを並べてみたところでなんの役に立つのであろうか。よい師について実践を重ね、そして頭を使って考えることである。歯を動かすのは小学生の時の12歳までなら主訴は6ヶ月(あと戻り防止には保定が必要で、それには時間がかかる)で治せる。6ヶ月で治せるのであるから、それ以上の時間のかかることは選択すべきでない。症状に問題があって十分なのである。咬合誘導だ、口腔育成だと、何となく素人受けする言葉を巧みに使って、カネ儲けに精を出しているだけではないのか。治りもしないし、治せないエキスパンジョンスクリュー付きの床矯正である。乳臼歯や第一大臼歯を横に拡げて前歯が治るなどという馬鹿なことを考えてはいけない。5年も10年もかけて治すというようなことは言うものではない。成長期の子供の成長を邪魔しているだけである。歯科医師という言葉があるのなら、医師として医学的な知識で考えてみて欲しい。すぐに分かる程度の話なのである。さっと治せるものを5年10年とかけていてはいけない。しかも悪くしている本当にこのような姿を見ると情けなくなる。馬鹿な子供を大量に生産しているだけの馬鹿げた話なのである。」(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

(この後あと戻り防止には、保定が必要で、1年位かかる)

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧