抜くな、被せるな、拡げるな(DBA「間違いだらけの床矯正」より) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

抜くな、被せるな、拡げるな(DBA「間違いだらけの床矯正」より)


抜くな、被せるな、拡げるな(DBA「間違いだらけの床矯正」より):間違いだらけの小児歯科の治療法は、抜くこと、被せること、奥歯を拡げることから生じている。抜くな、被せるな、拡げるなと私は主張したい。乳歯をTEKみたいに考えているのか、すぐ抜歯したがる。歯というものの存在がどれほど大切かということを歯科医自身が否定しているようなことが抜歯である。ともかく乳歯は抜いてはいけないのである。自然に抜けるか、少なくとも、永久歯が頭を出すまでは抜歯をしてはいけないのである。乳歯冠というものがある。ほとんど咬頭を削らないでかぶせるのである。100ミクロンや200ミクロンは必ず高い咬合になっている。これで咬合性外傷になる。乳歯の根の部分には永久歯が歯胚としてあるわけで、それに害が及ぶ。つまり異常咬合になり、乳歯の吸収不全をつくる原因となる。もう一つは乳歯の奥歯と6歳臼歯を拡げるエキスパンジョンスクリュー付きの床装置である。これで確実にすれ違い咬合をつくることになる。顎が不安定になり、上下の歯は咬まなくなり最悪の事態となる。これらの3つのことは歯科医としては行うべきでない行為で3大悪と言ってよかろう。医原性の問題はこの3つのことが原因になって起こっているのである。もう一度強調する。名医になりたいのなら、抜くな、被せるな、拡げるなということなのである。(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

  • 歯科矯正コラム一覧