個々の歯は動かせない(DBA「間違いだらけの床矯正」より) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

個々の歯は動かせない(DBA「間違いだらけの床矯正」より)


個々の歯は動かせない(DBA「間違いだらけの床矯正」より):レジンの固まりの床や拡大ネジで拡げるだけの力であるから、一つずつの歯に力が加わるわけではない。したがって、個々の歯を動かすことはできない。また、成長期のように簡単に歯を動かせる時しか利用できない。こういう不完全なものであるから、結局のところ、最後はブラケットを使うことになる。それなら、これらの一連の床矯正は何のために行ったのかということだ。床矯正装置での仕上がりはとても良いものではない。(上顎のクワドヘリックスも似たようなものである。個々の歯は動かせない。上顎は簡単に拡がるが、下顎は困難である。)

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

 

 

  • 歯科矯正コラム一覧