歯科医が不正咬合をつくる:これで4本抜歯するの?非抜歯で簡単に治せるよ。 | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

歯科医が不正咬合をつくる:これで4本抜歯するの?非抜歯で簡単に治せるよ。


歯科医が不正咬合をつくる(DBA「間違いだらけの床矯正」より)歯科医がつくる不正咬合は多い。特に小児歯科の責任は重大である。治しているように見せかけ、病気をつくっている。これでは困るのである。早期抜歯は過蓋咬合やスキッ歯をつくる。誤ったムシ歯の治療は、顎の成長の不均衡をつくる。そのような処置に対し、拡大ネジ付き床矯正をすると咬み合わせ自体を狂わせてしまう。入れ歯をはめられることにより、発育障害になるから、陰気な口数の少ない子になる。チンキャップやヘッドギアを1日中つけられると集中力がなくなるし、安眠もできない。子供だからと思っているだろうが、じわっとしみ込んで一生の心の不安を作ってしまう。自由に動き回れてこそ、伸び伸びと成長するのである。口腔育成だとか、咬合育成などという言葉を使う者の気が知れない。歯科医はどうかしていると言われる時では、時すでに遅しなのである。

これで4本抜歯するの?非抜歯で簡単に治せるよ。(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

  • 歯科矯正コラム一覧