歯(歯列)にスキ間がいるのか(空隙歯列弓でないといけないのか?) | きたざわ歯科 かみあわせ研究所
新潟県柏崎市で矯正歯科・小児歯科・歯科ならきたざわ歯科です。

予約制📞0120-008-418
携帯電話からは☎0257-22-6231

9:00-12:00 / 14:00-18:00
(土曜日は17:00まで)

休診日 水・木(往診等致します)・日

歯(歯列)にスキ間がいるのか(空隙歯列弓でないといけないのか?)


歯(歯列)にスキ間がいるのか(空隙歯列弓でないといけないのか?)

(最近は、一般的な,月並みな,歯科医は「乳歯列は、空隙歯列弓(スキ間あり)が良いのだ。」としているが・・・違うのだ!!)

この子は歯にスキ間がない。スキ間がないのは顎の発育が悪いからで良くないと言うのが一部の歯科医にいる。大学もそう教えるから、そう思う歯科医がいても不思議ではない。この子供は、私も大ファンであるオードリーヘップバーンである。人の成長は個人差がある。したがって、こうなるのが良いなどと決定できるものではない。特に、たかが歯のスキ間である。12歳までに着手できれば4か月もあれば治せるのである。そこまで、生理作用や骨のことが分かっている現在、いらぬ介入をして、その子の人生を台無しにしないことである。(激しい叢生乱杭らんぐいば、や、反対咬合等がなければ)経過を見ているのでよい。そして、8歳になって、歯列に異常があったならば、DBA方式で4ヶ月で治したらよい。わずか4ヶ月で治ること(動的期間の初期でもう大方綺麗に並んでくる)を覚えておくことだ。(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

(DBA「間違いだらけの床矯正」より)

 

  • 歯科矯正コラム一覧